*

【獣医師監修】ウサギの病気②~ノミ・ダニ~

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

こんにちは、うさパラです。

ウサギ用のお薬の取り扱い開始を記念して、ウサギの病気について解説するこのシリーズ。

3回目の今回は、外部寄生虫疾患(ノミ・ダニ)についてです!犬猫においてノミ・ダニなどの外部寄生虫予防は一般的ですが、ウサギで定期的に予防をしている飼い主さんは少ないのではないでしょうか。

しかし、ウサギにノミやダニが寄生しないわけではありません

特に「うさんぽ」に行かれるウサギさんたちには定期的な予防が推奨されています。「部屋んぽ」だけの場合でも、普段からこまめにチェックし、定期的な駆虫はもちろん、皮膚症状が出た時には投薬するようにしましょう。


ウサギに寄生するノミ・ダニにはどんな種類がある?

ノミはイヌノミやネコノミ、ダニではウサギキュウセンヒゼンダニ、ウサギズツキダニ、ウサギツメダニ、マダニがウサギに寄生します。

特にツメダニネコノミはウサギに寄生することも多く、寄生数が多いと皮膚症状を引き起こすので注意が必要です。

これらの寄生虫は人間にも寄生し、かゆみなどの症状を引き起こします。

ツメダニ症

ツメダニ症はウサギツメダニ(Cheyletiella parasitivorax)の寄生により起こります。ウサギの皮膚寄生虫疾患の中では最も発生が多い病気です。
ツメダニが感染すると、後頭部から頚背部や臀部(おしりから腰のあたり)にかけて大きな落屑(フケ)や脱毛、皮膚の発赤が認められます。多くの場合、強い掻痒感があり引っ掻いてしまうため痂皮(かさぶた)が観察されます。

💊ツメダニ症の治療💊

ダニの駆虫薬を投与します。多くの場合ではセラメクチンという背中に滴下するタイプのお薬を塗布します。

⚠ノミ症

ノミ症はイヌノミ(Ctenocephalides canis)やネコノミ(Ctenocephalides felis)の寄生により起こります。
ウサギのノミ感染は、種を越えて感染する可能性があるネコノミが多いため、犬や猫と同居している場合は注意が必要です。また、完全に室内飼いのウサギであっても人が外から家に持ち込み感染した例が報告されています。
感染すると、背部を中心に脱毛やノミ糞が確認されます。ウサギが生活するスペースに黒い消しゴムのカスのようなノミ糞が認められた場合は駆虫薬の投与が必要です。

💊ノミ症の治療💊

ツメダニ症と同じく駆虫薬を投与します。多くの場合ではセラメクチンという背中に滴下するタイプのお薬を塗布します。

予防・治療薬はどこで入手できる?投薬以外にできることは?

▼治療薬
日本の多くの動物病院では、セラメクチン製剤である「レボリューション」が使用されています。このお薬はウサギに対する使用は日本では承認されておらず、自己責任での投与になるので、ご注意ください。また、同シリーズから出ている「レボリューションプラス」はウサギに使用すると重篤な副作用が出る可能性があります!間違えないようにご注文ください。

うさパラでは以下の治療薬の取扱いがございます💡

[レボリューションEU版]ストロングホールド15mg

セラメクチン含有のノミ・ダニ予防薬です。日本では承認されていませんが、世界中の動物病院でウサギの外部寄生虫治療薬として使用されています。1本あたり0.25mlと薬剤量も少ないので、投薬も簡単です。

アドバンテージ・スポットオン40mg

海外でウサギのノミ予防薬として使用が承認されているアドバンテージは、イミダクロプリド含有のノミ予防・治療薬です。ウサギに対する安全性が承認されており、背部に塗布するだけで簡単に投薬できます。4㎏以上の子には80mgのこちらを。

環境の整備

ウサギにノミやダニの寄生が認められた場合は、投薬だけでなく飼育環境の整備も欠かせません。必ず家の中の掃除や殺虫剤などの散布を行なってください。ケージの熱湯消毒のほか、使っている布製品の洗濯など、家全体の環境を見直し徹底した整備を!

今回のブログではやっかいなノミ・ダニの種類や治療薬について解説しました。人へ危害を加える寄生虫もいるので、じゅうぶんに注意したいところですね。

以上、うさパラスタッフがお届けしました✨

関連記事

うさぎ

【獣医師監修】うさぎの病気②~皮膚病(皮膚糸状菌症・湿性皮膚炎)~

こんにちは、うさパラです。うさぎ用のお薬の取り扱い開始を記念して、うさぎの病気について獣医師が解説

記事を読む

うさぎ関連商品の取り扱い始まりました♪

お待たせしました!うさぎ関連商品の入荷です♪

こんにちは♪ うさパラスタッフブログです。 先日、うさパラで「うさぎ関連商品」の取り扱いがは

記事を読む

うさぎの病気

【獣医師監修】うさぎの病気①~消化管うっ滞(食滞・毛球症)~

今回はうさぎの病気! こんにちは、うさパラです。 うさパラでは1ヶ月ほど前から、新しく

記事を読む

   
8月26日はアメリカ版「犬の日」 です

日本ではワンワンワンの語呂合わせから11月1日が犬の日ですが、ところ

夏に増える皮膚トラブル「膿皮症」。予防と対策とは?

こんにちは。うさパラスタッフです。 高温多湿の日本の夏

ワンちゃんのトイレトレーニングについて

こんにちは。うさパラスタッフです。 今回はワン

史上最大級!!?★クーポンキャンペーン開催中★

いつもうさパラをご利用いただきありがとうございます♪うさパラでは日ご

この夏もペットの熱中症対策に注意!

みなさん、こんにちは!うさパラです。 本格的な夏が到来しました

→もっと見る

  • うさパラ各SNSもお見逃しなく

    オトクな情報配信中!facebook 耳寄りうさパラ情報!Twitter お役立ち情報満載!Instagram
PAGE TOP ↑