*

【獣医師監修】うさぎの病気①~消化管うっ滞(食滞・毛球症)~

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

うさぎの病気
今回はうさぎの病気!

こんにちは、うさパラです。

うさパラでは1ヶ月ほど前から、新しくうさぎ用のお薬を取り扱うことになりました🐰!

犬・猫に続き第三のペットの地位を確立したうさぎ、すでに飼っている、飼育を検討しているという方も多いのではないでしょうか?

うさぎ商品の取り扱いを記念し、獣医師監修のもと、うさぎの病気について全6回のシリーズで解説します!

1回目の今回はうさぎの病気の中で最も多い、「消化管のうっ滞」について。

では早速いってみましょう。

どんな病気?

消化管のうっ滞は「食滞」「毛球症」とも呼ばれます。うさぎの飼い主さんであれば、この病気について1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

消化管のうっ滞(食滞・毛球症)とは消化管の運動が低下したり、止まってしまったりすることです。

その結果見られる症状として、以下が挙げられます。

  • 食欲の低下
  • 糞の小型化
  • 排便量の減少
  • 毛でつながった便(数珠状便) など

治療を行わなかったり、絶食状態が1日以上続いたりすると、命を落とすことも!

動物保険のアニコムホールディングスが9,133頭のうさぎを対象に行った調査によると、16の疾患のうち消化器疾患が25.1%を占めるダントツの結果に(※)。うさぎが罹りやすいうえ、深刻な症状をきたす可能性がある厄介な疾患だといえます。

(※出典:『アニコム家庭どうぶつ白書2020』「うさぎの疾患(大分類単位)の請求割合」より

消化管うっ滞はなぜ起こるの?治療や予防はどうする?

ではここで、原因・症状・治療・予防についてみていきましょう!

原因

ひと昔までは毛づくろいにより舐めとった毛が胃内に溜まり、それが毛糸玉状(毛球)になり消化管障害を起こすと考えられていました。しかし、現在では研究が進み、原因は胃内に毛球があることではなく、胃の運動が低下することにより消化管のうっ滞が起こり、その結果として、胃内に毛球が形成されると考えられています。

胃の運動を低下させてしまう原因の多くは不適切な食餌管理です。ペレットやおやつの与えすぎ、牧草の給与量の低下などによるものです。 また不正咬合などの歯科疾患、痛みやストレス、泌尿生殖器器疾患など様々な要因が食欲低下もたらし、不適切な食餌管理と相まって消化管うっ滞を引き起こすことがあります。
症状

運動量の低下、食欲の低下、便の大小不同、排便量の減少、数珠状便がみられるなど食欲や排便に関係する異常がみられることがほとんどです。

うさぎは捕食動物のため、痛みなどの体の不調があっても症状を隠します。なので飼い主さんが不調にいち早く気付いてあげることが必要です。じっとして動かない、ペレットを完食しなくなった、お尻が汚れているなど不調のサインがみられた場合、すぐに治療を行ってください。

症状が進行し消化管内にガスが貯留した場合には、痛みによる歯ぎしりをしたり、おなかを伸ばすようなしぐさがみられることもあります。
治療

消化管の動きを正常に戻す薬やサプリメントの投与、強制給餌を行います。毛球が大きい場合は手術で摘出することもありますがあまり一般的ではありません。

不適切な食餌管理がうっ滞の原因となっている場合は、食餌の変更を必ず行います。サプリメントや食餌の変更を行っても症状が続く、食欲が低下している場合は命を落とす可能性もあるので動物病院を受診してください。
予防

普段から糞の状態や数、大きさを確認することが大切です。正常な時の便の数を数えたり、普段の便の大きさを携帯に写真で残しておくと初期症状に気付くことができます。

またうっ滞の予防には、食餌の管理がとても大切です。ペレットの量(g数)を測る、小麦粉(グルテン)を含む食品を与えすぎない、牧草を常に食べられるようにしておくなど適切な食餌管理を行ってください。

また、換毛期はまめにブラッシングをして、無駄な毛を事前に取り除いてあげることも大切です。

うさパラで注文できるケアアイテム、薬を紹介

うさパラでは健やかな消化機能をサポートするサプリメントや、トラブル時の薬を取り揃えております。うさぎの飼い主様、ぜひご活用ください!
ファイバプレックスフォーラビット
CHECK

うさぎのために開発された消化機能改善サプリメント。プロバイオティクスなどの整腸剤が含有された高繊維ペーストで、ニンジンの風味がついています。

そのまま経口投与しやすいシリンジ入りです♪

★ エメプリド ★
CHECK

有効成分にメトクロプラミドを含有する消化管機能改善薬です。うさぎに投薬しやすいシロップタイプです。

日本の動物病院で使われているプリンペランの動物用医薬品バージョンです。

うさパラではうさぎと飼い主さんのより豊かで健やかな生活を応援すべく、今後もさまざまなコンテンツを発信していく予定です!

第2回のシリーズもお楽しみに。以上、うさパラでした♪

\その他、うさぎ関連アイテムこちら/

関連記事

ペットの目や耳のトラブルに!

こんにちわ、うさパラです。 これからどんどん暖かくなりますね。 そんな嬉しい季節を

記事を読む

エリザベスカラー

エリザベスカラーって何?まさかうちの子につける日が来るとは…

みなさん、こんにちは。うさパラスタッフです。 突然ですが、うちのわん子(チワワ 4歳)がエリ

記事を読む

ペットから感染する病気5つ、気をつけたいこと

皆さん、こんにちは。うさパラです。 さて、本日のうさパラスタッフブログは、 感染症が心配な毎

記事を読む

ペットのためのお役立ち情報は「うさパラ ペットの情報局」

こんにちは、うさパラです。   ご存知の方も、そうでない方も ぜひチェッ

記事を読む

食べたら危険!ワンコ・ニャンコに与えてはいけない食べ物

こんにちは、うさパラです。 8月も中盤になりましたが、まだまだ暑さが続いていますね。 &

記事を読む

ゾエティス社

米最大アニマルヘルスケア企業のZoetis(ゾエティス)社に迫る!

こんにちは!うさパラスタッフです。 さてさて今回は、企業のお話。私達が普段、自分が飲むお薬を

記事を読む

猫の水分補給

水を飲まないにゃんこに無理なく水分補給するコツとは?

こんにちは! うさパラです。 まだまだ暑い日が続きますが、水分補給してますか?私は昔ながらの

記事を読む

ペットの五月病

ペットに五月病はあるのか?

こんにちは、うさパラです。 5月に入り、暑いと感じる日が増えてきましたね。ジメジメとした気候

記事を読む

乾燥する季節は皮膚トラブルにご注意!

皆さんこんにちは、うさパラです。 今年の秋は、昨年に比べて安定した気候で、過ごしやすい日が続

記事を読む

ジメジメした季節はペットのマラセチア皮膚炎にご注意!

皆さんこんにちは、うさパラです。   もうすぐ、あちこちで紫陽花が楽しめる梅雨がやって

記事を読む

   
「犬の服」にはどんなメリットがあるの?

こんにちは!うさパラのスタッフです。 最近、服を着たワ

猫の利き手はどっちだニャ?

こんにちは、うさパラスタッフYです。私はご飯を食べるときだけ左利きと

ドッグカフェでひっかかれた!?

こんにちは。猫好きうさパラスタッフGです。 実

気を付けたい!シニア犬の梅雨の過ごし方

こんにちは。うさパラスタッフです。 早いもので、来週か

梅雨のお散歩事情

こんにちは、うさパラです。 本日は梅雨

→もっと見る

  • うさパラ各SNSもお見逃しなく

    オトクな情報配信中!facebook 耳寄りうさパラ情報!Twitter お役立ち情報満載!Instagram
PAGE TOP ↑